頑張るのをやめる

昨日、仕事でとあることに気がつき。
腑に落ちたことがある。

そこから言葉がばぁーっと出てきたのを書き留めておきました。
自分への戒め、備忘録として。

頑張るのをやめてください。
無理するのをやめてください。
良くいようとするのをやめてください。
出来ない自分を責めないでください。
だらしない自分を怒らないでください。
数字で判断するのをやめてください。
結果に振り回されるのをやめてください。

他人に腹が立つのであれば、その他人はあなたの中にいます。
その自分を許してください。

自分を許せれば他人も許せる。
他人じゃない、すべては自分。
他人は、それを教えてくれるために存在する。

「頑張りグセ」があるのはきっと私だけじゃない。
日本人は特に頑張ることを美化しがち。

頑張る、努力、忍耐…
そんな言葉が大好きな人が多い。

私もそうだし、そうすれば何とかなってきた経験があるから尚更。
でも、もういい。
というか、そのやり方はもう古い。

そもそも、何で頑張ってしまうのか。

そこにあるのは、他人からの評価とか、世間体とか、地位とか、社会のためとか…
無意識にマインドセットされてきたもの。
「こうあるべき」というカタ。
でも、そんなものこれからどんどん価値がなくなる。

それよりも、個々の個性・特性。
それが一番わかりやすいのが、「私はこれが好き・楽しい」なのだと思う。

よそ見せず、常に自分中心でいることを忘れないでいたい。

更新のお知らせを受け取ることができます 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。