カッコ悪くていい

2018年5月に会社を辞め、気持ちの向くまま、
その時にやりたいことを後先考えずにやってみた。

その結果、2年経って行き着いたところが

”正社員での勤務に戻る”

という選択。
これは、自分でも想定していなかったし、えぇ〜なんかカッコわるっ!(笑)
って、一瞬思った。
そして…自分はバカなんじゃないかとも思った。

でも、もうもはや他人にどう思われるかなんて、どうでもいい。
自分がその時、“そうしたい“と思ったのであれば、それでいいと思う。
自分の選択に失敗とか間違いは絶対にない。

でも、動くのに気力はかなり使いました。
“今のままでいいじゃん、やめようよ…“という声も聞こえてくるわけです。
その選択もありだと思っていました。
でも、それでも貫きたい・動きたいという気持ちの方が強く、最後の力を振り絞って動いた感じです。

占星学では、年末に土から風の時代へ移ります。
山羊座は土の人です。土の時代の締めくくり、最後の大仕事だったのだと思います。

おかげで、かなり悶々とさせられたこともあったし、
自分と向き合うのも、“もう無理勘弁して…“と思うくらいでしたが、
最後の最後にいらない価値観・大事に握りしめていたもの、それらを手放させてくれた気がしています。

リモートだとか、フリーランスという働き方が何だか自由そうだし、いいなぁなんて思われがちですが、これにも必ず陰陽がある。
”いい” ”悪い”ではなく、どちらが自分に合っているか、しっくりくるか。
本当にそれだけなんだと思います。
それもやってみないとわからない。

そして、“自由“というのも実は色々あるなとわかりました。
この辺りは、また別の機会に。

そして、今のライフスタイルもいいですが、決して”ラクをしたいワケではない”ということ。
結局は、”自分が満たされるか否か” “楽しいかどうか”が一番重要。
これも体験して腑に落とせたこと。
物理的なことが満たされたからといって、自分が満たされるわけではないのです。

もちろん、ライフスタイルも大事です。
諦めるというわけではなく、優先順位を下げたという感じです。
コロナのおかげで、働き方は今後どんどん変化していくと思います。
なので、家で仕事をするようなライフスタイルは、今後勝手に進んでいくと思うのです。
なので、今あえて無理にそこに固執せず、流れに委る。

やって失敗したらカッコ悪い、恥ずかしい
やって後悔するのがイヤ
続けられないのはダメ

そんなのどうでもいいんです。

そもそも失敗なんてない。
起きたことに対して、“失敗“と思うか“必要な体験だった“と思うかは自分次第。

何でもやってみれば、自分のほどよい加減が見えてくる。
逆に言えば、やってみないとわからない。腑に落とせない。自分を知ることができない。

腑に落とせたとき、本当に自分にとっての幸せというものもわかるのではないかと思います。

そして、私のこの決断を周りの方々が温かく送り出してくれたということ。
そこにも本当に感謝しかない。
本当に私は人に恵まれているし、世界は優しい。

更新のお知らせを受け取ることができます