ここぞというときは、自分を貫く

ここにきて、内的な動きが活発になってきました。
内にあるものがメキメキ出てきている感じです。
自分も含め、これから色々動きが出てくる人が多いのかなと思います。

何か動こう、変化を起こそうというときには、とにかく自分の意識と気持ちを第一優先。
周りがどう言おうと、どう思われようと、自分の意志を貫く。

こういうときは、「いい人」である必要はないです。
大きな変化をするときほど、打算的な考えだったり、こうしてはいけない…という思考が働き始めます。

でも、大きな変化・決断であればあるほど、「自分の心の声をよく聴く」。

少し勘違いしそうになるのですが、
「ラクしたい」「頑張りたくない」が本音だと思ってしまう。

これ、本音と言えば本音なのですが…よく考えてください。
毎日、何もしなくてもお金が入ってきて、家事もしなくてもいいとなったとします。
これ、本当に楽しいですか?と私は思います。

私は、何もしない時間も必要ですが、「夢中になる時間」が好きです。
なので、単にラクだから、頑張らなくていいからという理由からの選択はしない。
その理由から選択していくと、おそらく私はどんどんダメ人間になるタイプです(笑)

夢中になるには、それなりに体力や時間も使います。
でも、その充実感はとても自分を満たしてくれるんですよね。
心が満たされることだと、大変だったとしても大変だと思わないんですよ。

自分の本音ってそこです。
心の声ってそのことです。

誰でもそんな経験1度くらいはあるのでは?と思うのですが、どうでしょう。

自分の満たされポイントっていうのが人それぞれあります。
大きな決断をするときに大事なのは、そこが満たされるかどうか。

そのためには、自分の満たされポイントをしっかり理解する。
理解して、どうすればそこが満たされるのか。

ただ、難しいなと思うのは、1つのことだけでなく、色々な要因が絡んでくると思うのです。
すごく夢中になれることだけど、負荷がかかりすぎてしまったらツライ…となってしまうと思うんですね。

なので、ここもバランスが大事。
夢中になれることも「ほどほど」が大事。
ある程度の時間や心の余裕を持ちながら、選択していけるといいのかなと思います。

更新のお知らせを受け取ることができます