引き寄せの法則の落とし穴

先日、友人と話していて、たまたま引き寄せの法則の話になりました。
引き寄せの法則って?という方は、色々調べてみてください。たくさん情報は出てくると思います。

その方法には「願いを書く」とか「その叶った状態になりきる」とか…
と、一見おまじないのような内容を色々書いてあるものも多いのです。

ただ、この一見おまじないのようなことも、実は心理学的側面や量子学的側面からは、間違っていないものが多いです。

でも、私が色々実験した結果
「そもそも、願っていることが自分の本質からかけ離れているものは叶わない」
ということ。

では、本質ってなに?
と言う疑問が出てくると思うのですが、平たく言うと「本音」。

ただ、その「本音」が自分の自我(エゴ)と言われるものの下に埋もれている場合が多い。
私もそうでした。

では、その自我(エゴ)ってなに?
自我とは、簡単に言うと「自分のこうしたい!こうなりたい!」という欲望。
引き寄せたい現象です。

あれ?って思いますよね。
引き寄せたい現象が本音じゃないの?

そうなんです。ここが落とし穴。
そもそも、自分の本当の欲求・願望を自分が勘違いしている。

自分の本音だと思っている欲求・願望は、実は「思い込みから発生しているコト」の可能性が大きいということ。

例えば、「お金持ちになりたい」と願っていたとします。
でも、それは世間一般的な通念「お金があれば幸せになれる」と言う「思い込み」から発生した願いであって、本当に自分の望むものではない。

「仕事で出世したい」と願っていても現実化しない人がいるとします。
でも、その人の本音は「仕事なんてしたくない」だとしたら、現実化しないということです。

引き寄せの法則の話は、本やネットで色々見てきましたが、この部分をきちんと説明していないものが多い。
願う前に、「自分を知る」ことが必要。
その本来の自分が願っていることはすぐに具現化する。

目標はいらない、捨てるの記事にも書きましたが、「自分にとっての幸せはなに?」ここに尽きると思います。
これが一番分かりやすい言葉かなと。

自分って奥深いのですよ。
自分の意識できていないもっと奥深いところに本当の自分がいる。
そこにアクセスしないと自分自身を理解できない。

もうずっと長いこと「社会的常識」に縛られていた私達は、まずその「思い込み」を外す必要があります。
自分をリセットする。
リセットしたうえで、本当に望むものはなにか?
それを認識できれば、どんどん引き寄せられてくると思います。

更新のお知らせを受け取ることができます