もう頑張らなくていい、よくがんばった

明日は満月。
この数日、最後の調整・不要なものを強制的に削ぎ落されたような感じがしています。

私は、ここである決断をしました。
詳しくは、また書きたくなったタイミングで書こうと思いますが、その決断をするときに気づいたことが多々ありました。

ここ数日、自分との闘い、葛藤。
明日の満月に向かって、大きな最後の調整が働いたのかもしれません。
自分の奥の奥のほうにあった、思い込み・概念・握りしめていたもの、それをもういい加減にしなさい!と言わんばかりに強制的に削ぎ落された感じがしています。

それを手放さないと、あなたはあなたに戻れない。
あなたは幸せになれない。
あなたを最大限に生きることはできない。

そういうことを言われているのだなと、
葛藤の中でも出来事を客観的に見ている自分がいました。

本当にそれでいいの?!
え、自分バカなんじゃないの?!

そんな気持ちもたくさん出てきた。

でも、その奥にあったのは
”自立するために、生きるために、頑張らないといけない”

そうやって自分で自分に課した呪縛のようなもの。

そんなこと、いつから思うようになったのか…
昔は、私こんなではなかったのに…
と思い、記憶を遡りました。

そのきっかけは”離婚”だった。

離婚したときにのしかかってきた、”自立して生きていかないと”という必死な想い。

そして、システム開発の仕事に就き、男性と同じように働かないと…
が、だんだんと”働きたい”になっていき、いつしか自分の気持ちがすり替わっていた。
というか、それを”良い”とする概念に囚われ、洗脳されていたのかもしれない。

確かにやりがいのある仕事をやるというのは、楽しいというのもウソではない。
でも、自分の時間の大半を仕事に費やしてまでやりたいのか。
自分の何かを犠牲にしてまでやりたいのか。
それをやることが本当に自分の幸せなのか。

と言われたら、今は”No”だと思う。

その思い込み・概念に引っ張られ続けていた。
でも、今ここでやっとその奥深くにあった”勘違い”を手放せた気がする。

仕事によって、自分の存在価値や自己肯定感を持っている人も多い。
でも、そもそも仕事ができるから、何かができるから”自分の価値”が変わるということではない。
何ができようと、できなかろうと、自分は自分。
自分という存在価値は変わらない。

目の前に起きる出来事を見て、
よくがんばってきた。
もう頑張らなくていいんだ。
というのが腑に落ちた。

おかげで、とてもラクになった。

そして、やはり”バランス”なのです。
仕事とプライベートどちらも”ほどほどに”が私はちょうどいい。

仕事にのめりこみすぎず、ほどほどに楽しくやればいい。
その代わり、仕事以外のプライベートも楽しめることをやること。
そうやって、バランスを取る。
どちらかに偏る、振り切ってしまうと、私はやはりうまく循環・機能しないような感じがします。

ちなみに、ストレングスの4つの領域を見ると、バランスの参考にもなるかなと思っています。
私は、戦略が一番多いにしても、4つの要素は均等に近い↓

ストレングスファインダー 4つの領域

どこかの領域に特化した資質を持つタイプではない。
なので、大体のことはある程度こなしていけるのかもしれません。

更新のお知らせを受け取ることができます