共感力を上手く使う

昨日、友人から紹介していただいた方とオンラインでお話する機会がありました。
私はなかなか自分の感覚を共有できる方が少ないのですが、珍しくとても楽しく、いい時間を過ごせました。

その方は、心理学や物理学などを勉強され、企業でのカウンセラーやコンサル、大学での講義なども行っていらっしゃるようです。
もちろん、その活動だけでもすごいのですが、この方はとても共感力が高い方でした。

「共感力」と言っても様々だと思うのですが、この方はわかりやすく言えばスピリチュアル的な能力が非常に高い。
それをご自身もよく理解していて、なおかつそれを上手にお仕事に活かされていることに驚きました。

今は、だいぶ受け入れられるようになってきたと思うのですが、「スピリチュアル能力」というと「目に見えないし、何だかよくわからない怪しいもの」というイメージを持たれがちです。

という私も、そういうものがあるということは信じていても、どこか疑いの目で見てしまうような感覚がありました。

でも、昨日お話していて気がついたことがありました。
「スピ的な活動をしている方の表現方法が上手ではない」がために、マテリアルな方に上手く伝わっていない、誤解されている。
そんな気がします。

どうしてもスピリチュアルというと、フワフワしていて地に足が着いていないイメージや感覚があり、私はどうしてもそこが受け入れがたいのです。
「フワフワばっかりしてたらこの物理世界じゃ生きていけねーよ!」みたいな(笑)

その方もおっしゃっていましたが、「マテリアルの方にわかるように自分の感覚を言語化することが大事」。
そして、「バランス」だと言っていました。地に足を着ける。

スピ能力も使い方、使い道を誤るとバランスが崩れ、悪いほうへ向かうこともあるとか。
すべては陰陽のバランスでできている。
だから、どこかを良くすれば、その分どこかでバランスを取ろうとする力が働く。

色々と腑に落ちるお話が多く、とてもいい刺激のあった一日でした。

私も、自分の共感力をもう少し上手く使い、それを仕事にも活かしていければ最高だなと思いました。
ただ、こういう方がいらっしゃると知れただけでとても心強く感じます。

更新のお知らせを受け取ることができます 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。