誰かの信者にならない

自分軸を持つということは、自分の足でしっかり立つこと。

そして、自分で考え判断し、行動していくということ。

=誰のせいにもできない、自己責任

でも、自分の人生とは本来そういうものだと思う。

人は、誰かのために産まれてきて、誰かのために生きているのではない。

だから、誰かに許可を得る必要も、誰かに合わせる必要もない。

単純に自分がどう感じ、どうしたいか?ということ。

今、この混沌とした中で、自分を見失いそうになってしまう人も多いのかもしれない。
私も見失いそうになった。

自分の思考と心の葛藤。

思考は「こうすべきだよ」と言い、
心は「もうイヤだよ」と言う。

どちらに従ってもいい。
正解なんてなくて、自分が選択した方が正解。

そして、こんな混沌としている中だから、
つい誰かの言っていること、やっていることに引っ張られてしまいそうになる。

でも、そうすると自分軸がブレ始める。

周りと一緒のことをやっていれば安心。
この人が言っていることに従っていれば大丈夫。

という無意識の選択が、自分軸からの判断・選択をブレさせる。

そこには「自分がどう感じているか」は完全に無視されているから。

これからは、上下の関係ではなく、横の繋がりが大事。

誰かがリーダーでみんながそれに従うのではなく、みんな対等。
みんなが対等に自分をとして生きていく。

だから、まるで宗教の教祖のように誰かを拝んだり、
誰かの言われるがままに従ったり…
そうなりそうになったら、

「本当に自分はそう思うの?本当にそれやりたいの?」

と自分に聞いてみてほしい。

自分から出てきた本音は、何よりも正しい。
それが自分軸になっていくのだと思う。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加