丁寧に生きること

丁寧に生きることと、丁寧な暮らしは違う

暮らしももちろん大事だし、いつか丁寧な暮らしをしてみたいなと思う。

でも、大事なのは暮らし方よりも“丁寧な生き方“だと思う。

自分らしく生きるために、何となく流されるのではなく、自分と常に丁寧に向き合っていく。
出てくる感情や受け取る情報、出会う人、そういった一見当たり前のことを丁寧に見て、感じ取っていく。

それを繰り返していると、自然と自分らしさや、自分らしい生き方ができてくるのかなと思う。

なんてことが最近わかった。

丁寧な暮らしをすることが、決して人生の目的ではない。

更新のお知らせを受け取ることができます