自分のスピリチュアルな感性を、信じたい人へ

私は今や、このブログではスピリチュアルなことも書くようになりましたが、最初はあえて触れずにいた気がします。
それは、やはり書くことに抵抗があったから。

世の中的にも、だいぶスピリチュアル・占い、目に見えないものに対する認識は高くなってきていますし、受け入れられるようになってきているとは思います。
でも、やはり”なんか怪しい”というイメージはなかなか覆せない感はまだありますし、実際にそういうたぐいのものは、一切信用しないよという方ももちろんいる。
それは、各々の考え方・価値観ですので、どちらも〇

私がブログでスピリチュアルな話を書くようになった大きな理由の1つは、”そういうことを素直に話せる人が周りにいなかった”からです。
どんなに長年親しくしている友人、親友と言える子でも、何となくそういう話はできない。
長い付き合いだからこそ、というのもあるのでしょう。

果たして、他の人は自分が感じているようなことを感じているのかどうか…
自分に果たしてスピリチュアルな力、感性はあるのだろうか…
そんな風に私は思っていましたし、そう思っている人もいると思います。