グラウンディングとは、自分との対話

地に足をつけるコツというグラウンディングについて、以前書いたことがあったのですが、
グランディングについて、自分の中での認識が少しアップデートされてきました。

時代が変化しようとも、やはりグラウンディングは必要。

なぜなら、ここは地球。
地(earth)と繋がっていることが、人として営む以上、とても大事なことだから。
地(earth)は母でもあり、自分でもある。

で、以前書いたように”仕事をする”とか”カラダを意識する”なども大事なのですが、
一番は

自分との対話、内省

だと最近は感じています。

何をするにも、結局はここ。
すべての根源は

自分

自分との対話をするには、しっかり時間を作ること。
動くことをやめ、静の時間を作る。
落ち着く時間、余白を作ることで、自分と対話することができる。

1日5分でもいいから、余白を作る。
それを小まめに続けていくことで、自分の心の変化や違和感にも気づきやすくなる。

瞑想だとか、ワークだとか、そんな特別なことをする必要はなくて、
”今”自分が何を感じているのか、思っているのか、ただそれに耳を澄ます。
よく感じとればいい。

うまく感じ取れないのであれば、書き出す。
何でもいいから、自分の内に出てきた言葉を書く。
そうしているうちに、自分とのコミュニケーションがスムーズにできるようになる。
違和感や心の声をすぐキャッチできる。

とてもシンプルに、そんなことでいいのだと思う。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加