自分を知るためには、足すより引く

今日のメッセージにも出てきた不要なものを削ぎ落とすというキーワード。

自分を知ろうとして、やりがちなことは”何かを足す”ということ。
私もやりたいことがわからなくて、アレコレ手を出してみたときもあります。
“自分には足りない”という不足感、今のままではダメだという”自己否定感”から知識を詰め込んでみたり。

自分を知る過程に、確かに”足す”ことが必要な時期もあります。
“知りたい”、”やりたい”という自分の欲求からきているものであれば全然OK。
むしろ、必要な過程、プロセス。

でも、それをある程度やってきたら、今度は捨てるとき。
徹底的に削ぎ落としていく。

削ぎ落とすことで、自然と”本当に必要なもの”だけが残っていく。
そうすると、自分にとって大事にしたいことが自ずと見えてくるんですよね。

モノや情報で溢れかえっている状態では、自分は埋もれたままです。
なので、できるだけ不要なものは取り除いてあげる。
そうすることで、徐々に本当の自分が垣間見えてくると思います。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加