人はいつか死ぬ

最近、とても意識させられているのが死というもの。

人はいつか死ぬ。

死ぬということは、物資的なカラダ・肉体がなくなるということ。

それと同時に目に見える物質は、何の意味も価値もなさなくなる。

死んだらお金は持って行けない

というように、お金もまったく価値のないものになる。

自分が物質として存在しないしなくなるとき、果たしてどういう人生だったら、何を大丈夫にして生きていたら、幸せな人生だった!と心から思えるのか。

そう思うと、私は目に見える物質・財産よりも、他人を大事に、人間であることを大事に、利他的に生きたいと思う。

何かを成すことや結果ではなく、一緒に仕事ができてよかった、とか、出会えてよかった、そんな風に他人に喜んでもらえたら、きっと幸せだと思えるのだと思う。

更新のお知らせを受け取ることができます