抽象的な表現こそ、本質を表す

占星学や占いとされるもので表現される言葉って、とても”抽象的”と感じることありませんか?

言っていることが抽象的でよくわからない…

となることがあると思うのです。

でも、これは本当はとても”本質的なこと”を伝えていて、
例えば”楽しいこと”であれば、

“楽しいこと”を指すものは人それぞれ
それをより具体的に伝えるのは難しい

のですよね。

なので、ある意味”楽しいこと”という抽象的な表現は、とても的を得ている。

となると、抽象的なものをより具体的にするには自分でするしかない。
この例で言うと

自分のとっての”楽しいこと”は何ですか?

という問いが自分の中で発生する。

そこで自分にとっての”楽しいこと”がわからなければ、
言っていることがボンヤリしていて、わからない…となるのです。

自分を理解できていないと、抽象的なまま、何だか腑に落ちないままになってしまう。

でも、そのフンワリした”本質”をヒントに、自分に問いかけ続けていく。
複数の”本質”を掛け合わせていく。
そうすると、自分の中にフト答えが出てきたりする。

そうやって自分の中で腑に落としていくのが、面白かったりもする。

ちなみに、数字はまた違った本質を表す。
言葉と違って解釈に幅がない分、余計なものを削ぎ落とした”核”のようなもの。
この辺りは、また追々調べてみたいなと思います。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加