自分の資質は、過去からのギフト

今日のメッセージで”グランディング”、”ルーツ”がキーワードとして出てきました。

グラウンディングというと、”地に足をつける”という意味で捉えられますが、”地に根を張る”というふうにも理解できます。
足をつけるどころが、根を張る(笑)
もっと力強い感じですよね。でも、揺るぎないものだと思います。

自分の根=ルーツ

自分のルーツとは、今の自分が存在するためにいた先祖や過去世。
先祖や過去世の経験があったから、”今のワタシ”が存在している。

そう考えると、自分は自分だけで存在しているのではない。
自分を生きていることが、先祖や過去世と共に生きていることになる。
自分は一人ではないのだ。

そして、自分がもともと持っている資質や才能。
それは

先祖や過去世から贈られたギフト

だとも思うのです。

なので、そのギフトをしっかり受け取る。
それを無きものにしたりせず、受け取り使っていく。
それが、今の自分を生きる大きな力・基盤となるのです。

その基盤を使い、今世の自分を生きる。
今世を生きていくうえで、また足されていく資質や経験ができる。
そして、それをまた受け渡す。

そう考えると

グランディング=自分の生まれ持った資質を使っていく

ということにもなるのかもしれません。

と同時に、先祖や過去世が残したネガティブな想いも引き継ぐ。
でも、それは今世で生きるためのものではなく、今世で癒し浄化させるもの。
そこを受け取り生きてしまっては、癒されない。
それを癒すためにも、先祖の想いを生きるのではなく、自分を生きようとすることが大事なのだと思う。

ときには、過去にも目を向け感謝する。
そして、今世の自分がなにをするために生まれてきたのか。
そのヒントは、過去にもあるのかもしれないですね。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加