亡くなった人へは、心を伝える

友人が以前、

お墓は、この世に残された人のためのもの

ということを言っていました。

それを聞いたとき、あんまり興味がなかったので(笑)
ふ〜ん…
程度に流していました。
でも、なぜか頭にずっと残っていたんですよね。

なんでそんなこと言うんだろう?
と感じていたので、印象に残っていました。

その子は、とても家族を大事にする子で、祖母・祖父、父母、妹との話をよく話してくれます。
私からすると、とてもいい関係で、素敵な家だなぁっていつも思います。

去年だったか、祖母が亡くなったという話を聞きました。
かなりショックで落ち込んだようです。
でも、私に伝えた言葉は、そこからの経験、想い・考えから出てきた言葉なんだとすぐにわかりました。
言葉ひとつにも、重みというか、背景のようなものが見えてきます。

そして、時間を経て、今彼女が言っていた言葉が腑に落とされてきました。

物質としての肉体のない”亡くなった方”というのは、目に見えないエネルギー体として存在しています。
本当は肉体を持つ私たち誰しもが、もともとはエネルギー体の存在である。
それが、地球に生まれてきたときに”肉体”という物質を与えられ、見える化しているにすぎない。

物質世界にいる私達だから、目に見えるものに価値を見出す。
でも、そもそも物質の存在しないエネルギー体の世界の方々にとっては、

目に見える行動や結果、物質はあまり意味がない

そうではなく、エネルギーそのものである

心が大事

なので、お墓は物質界にいる私達のために、亡くなった方を見える化させた象徴でしかない。
そこに行き、お参りすることに意義を見出したり、”やっている感”を感じるためのもののような気がする。

だから、本来はお墓はあってもなくてもいいのだと思う。
お墓参りも”その場に行く”ことには実はあまり意味がない。
それよりも、自分の心の中で感謝や伝えたいことを伝えれば、それはちゃんと届くのだ。

そんなことが腑に落ち、友人の言いたかったことが理解できた気がしています。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加