自分の腹をくくる

本当はこうしたいとどこかでわかっていながらも、
腹をくくれず、あっちに行ってみたりこっちに行ってみたり。

ここにきて、突如”どうにでもなる、大丈夫”と腹をくくれた自分がいた。
なんの根拠もない”大丈夫”。
でもこの感覚は間違いない。

今までそれがずっとできなかったのだともわかった。

でも、そのタイミングも全ては今だったのだろうとも思う。

そのために、この数年を費やして、ゆっくりゆっくり準備してきたのだ。
今になって、この数年間自分がやってきたことの意味がわかる。

もう、自分を何かのカタにはめる生き方はやめる。
私にはそれはできない。

“真面目に仕事するために生まれてきたんじゃないよ”

人は死ぬ。
死ぬまでなんて、きっとあっという間だ。

他人のことを気にして、よそ見などしている時間などないのだと思う。

私は、自分が体験したいと思ったことを体験して死にたい。

この世界には私の知らない世界がまだまだたくさんある。

小さな世界だけに閉じこもっているなんて勿体ないし、窮屈だ。

出よう。もっと大きな世界へ。

そして、自分が生きたい理想の世界があるのなら、自分で作ってしまえばいい。
作ろうと思えば、きっと作れるのだ。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加