my Handbook ご感想いただきました

自分を知りたい人のための”my Handbook”をご依頼いただいた方から、ご感想をいただきました。ありがとうございます。 私自身の中の何がこの現実を引き起こしているのかそれを…

my Handbook ご感想いただきました

自分を知りたい人のための”my Handbook”をご依頼いただいた方から、ご感想をいただきました。ありがとうございます。 ハンドブックは自分の今までの生活の鏡を表現しているよ…

受けとる、牡牛座新月

“受け取る”がここ最近のキーワードとして強くなっていました。よく考えたら、もうすぐ牡牛座新月です。牡牛座とはI have を意味する星座であり、”受け取る&#822…

他人を通して、自分を知る

最近、占星学の話が多いのですが…占星学というツール、データを使い、私が見ているのは、 自分 だったりします。 もちろん、相手のデータを見ます。そして、読み解いていくうちに、資質や課題みたいなものが見え…

抽象的な表現こそ、本質を表す

占星学や占いとされるもので表現される言葉って、とても”抽象的”と感じることありませんか? 言っていることが抽象的でよくわからない… となることがあると思うのです。 でも、これは…

龍頭図を生きる

占星学の話を少し。 占星学で通常見るのは、自分の生年月日から出した”ネイタルチャート”と言われる天体図。自分が生まれたときの天体の様子を図にしたものです。 その中で出てくる&#…

人は一つの宇宙

占星学で、その人のホロスコープを見るとき、 その人の中に1つの宇宙がある として見ていきます。 なので、“私は何座です”という星座はあるものの、実は12星座すべてを自分の中に包含している。すべての星座…

風の時代の”地に足をつける”感覚

地と風のバランスでも書いたのですが、今は地の時代から風の時代への移行期間。 春分以降くらいからだいぶ変化を感じています。とにかく、”軽く”なった。 ちょっと今回はスピリチュアル…

地と風のバランス

春分の頃くらいからですかね、風の時代の空気感がいっきに増してきた感じがしています。 それで、感じているのは 地と風のバランスが変化した という感覚。 今まではもうがっちり地に足を着けている感じが私はあ…