”なりたい”をなくす

〇〇になりたい

”なりたい”って言葉に、最近とても何か違和感を感じる
”なりたい”ってことは、”なったら終わり”なんですかね?

”やりたい”はそのコトをやることが目的。
”なりたい”はそのコトになるのが目的。

であれば、なりたいってあんまり意味がない。

私は、自分でよく気がついていませんでしたが
”フリーランスになりたい”
とちょっと思っていたんですよね。

フリーランスになって何をやりたいのか?

何をやりたいか、よりもなりたいが先にきていたような気がします。
Webやシステム開発の仕事は好きだし、それならフリーランスもいけそうだ
というボンヤリしたもの。

もちろん、一時は人の下で働くのがイヤだとか、自分の思い通りにやりたいとか…
そういった気持ちもありましたが。

でも、ここ、陥りがちな感じがしています。
そして、ライフスタイルから”やること”を選ぼうとした場合もなりがちかもしれません。

ライフスタイルとやりたいことのバランス。
ここも人それぞれだと思います。
どちらをどの程度までなら譲れるのか、譲れないことは何なのか。

そして、実は”やりたいこと”って”ならなくても出来る”ことが大半です。
”何かがないと出来ない、何かにならないと出来ないこと”ってほとんどないと私は思います。

そして、その”なりたい”をやめたとき
とてもラクになるし、”やりたい”を純粋に楽しめるようになる気がします。

”なりたい”は小さなことも同じ。
例えば、”仕事できる人になりたい”とか”お金持ちになりたい”、”いいお母さんになりたい”…
そういうことも同じ。

ならなくていいんだってば。

なりたいがなくなると、本当に単純に今なにをしたいか、目の前のことを楽しむことに専念できると感じます。
そのほうが”なにかになる”よりもずっと幸せで楽しい。

更新のお知らせを受け取ることができます