過去は、自分で変えることができる

昨日、オンラインで友人と話をしました。
友人は、自分のスピリチュアル能力を活かそうと個人セッションを始めました。
よかったらブログを覗いてみてください。

彼女と話をすることで、自分では気がつけないことに気がつきます。
昨日は、私の重い過去の話をあえてさせてもらいました。
2時間くらいかけて(笑)
こんなにしっかり他人に話たことは今までないと思います。

話していて気がついたのは、「当時起きた出来事」としては、淡々と話すことができます。
でも、そこに感情はないのです。
「辛かった、悲しかった…」
そんなことを感じていたのではないかと思うのですが、その感情がないことに気がつきました。
当時の私は何を感じていたのか?
思い出そうと思っても思い出せないのです。

痛すぎて、辛すぎて、自分で封印してしまったのかもしれません。

でも、夜になって寝ようと布団の中でうつらうつらしていると、ぼんやり黒い小さな箱が心に浮かびました。
すぐに「あ、これが今まで封印してきた私の中のブラックボックスだな」と理解しました。

で、「もういいじゃん開けちゃおうよ~」って声が聞こえて、軽い感じでパカっと開けてしまったんですよね(笑)
そしたら、空っぽでした。

ちょっと拍子抜けしました。
でも、別のところから違う感情が出てきたのです。

「楽しかったし、嬉しいこともたくさんあった。幸せだった。」
という意外な言葉でした。

これを聞いて理解しました。

重く苦しかったとき、そこにワタシはいなかった。だから感情もなかった。
思えば、「どうしたいか」という自分の感情ではなく「どうしたらいいか」そればかりを考えていた。
思考主導だった。問題解決することに一生懸命だった。相手を変えることに必死だった。
本当は、その相手も自分なのだけれど。

その当時ある人から言われたこと
「あなたはどこにいっちゃうの?」
まさにこの状態にいました。

そして、その苦しかった出来事以外の時間は、本当は楽しかったし、幸せだったのだ。
旅行もたくさん行ったし、美味しいものもよく食べに行った。
家に友達を呼んで飲み会もやった。それは、むしろ今の私が望んでいることに近いこと。
「こっちに気がついて!!」と言われていると理解しました。

辛かった過去も、幸せだった過去へ塗り替えられる。
そして、もうその重くるしい過去を見る必要はない。
もう捨てなさいと言われているのだと思いました。

最近、他のことにも共通して感じているのが、過去のイヤだったことを清算させられている。
過去の重い感情・記憶をを塗り替えていく。
塗り替えることで、自分の中での過去を変えることができる。

出来事としては消すことはできない。
でも、その受け取り方・見方を自分が変えれば、過去はきちんと塗り替えられ清算されていく。

過去・現在・未来は、異なった波動の複数のパラレルワールドが存在すると言われています。
重い感情を清算することで、平行する別の世界へ移行できるのかもしれません。

更新のお知らせを受け取ることができます