流れに委ねる

ここ最近、特に感じているのは、「流れがわかりやすい」

自分のいくべき方向、本当に望んでいるものは、予想外な反応があったり、とてもスムーズに流れる。

それに対して、自分のいくべき方向ではないもの、自分には必要のないものに対しては、何かしら妨害やストップが入る気がします。

特にこの数日は、自分の中の「頑固な汚れ」みたいなものを浄化しようとしている感じがします。
なので、ちょっとキツイかも…
見たくないものを見たり、過去のイヤなことが頭の中をグルグルしていたり…

でも、そういう時は、無理にどうにかしようとしない。
いっそのこと、その流れにのって落ちるところまで落ちてしまったほうがいい。
受け入れずにいるともっと面倒なことになる。

落ちないと、より上にはあがれないのですよ。
トランポリンみたいに一回沈む。沈まないと高くあがれないのです。

落ちてしまっても、必ず上に戻ってもれるので大丈夫。

この目に見えない流れを、私はいつの間にか感じとるようになりました。
色々動きながら、自分の感覚で流れを読むクセがついています。

「あ、今は動くとき」「あ、今は休むとき」みたいな感じで(笑)

これが他の人にとっても当たり前のことなのか、どうなのかは私にはわからないのですが…
どうなんでしょう?こういう感覚あるのかな?

で、最近わかってきたのは、この流れとは「宇宙の流れ」なのかなということ。
私が占星学に興味があるのは、ここなのだと思います。
天体の配置と自分の感覚を擦り合わせていく。自分の感覚を確認するようなツールという感じです。
占星学も、もう少し自分で読み取れるようになったら、書いていこうかなぁと思っています。

更新のお知らせを受け取ることができます