起きることは、すべて自分次第

先日、友人と話をしたあとに、涙がボロボロ出てきました。

こういうこと、たまにありませんか?
突然でてくる涙は、私は「心の琴線」に触れたときとか、「魂」が喜んたときに起こることだと思っています。
音楽を聴いたときもよくあります。
私は、これが当たり前だと思っていたのですが、こういう経験がない人もいるようなんですよね。びっくりしました(笑)

「泣く」ということを私は肯定的に捉えています。
ストレス発散にもなると言いますよね。
泣くと普段無意識に抑えていた感情が、浄化されていく気がします。

一時、毎日のように泣いていたときがありました。
なんで、あんなに泣いていたのか…
辛かったこともあったでしょうが、今思うと、その辛さを自ら体験したかったような気がします。

自分が経験することは、「すべて自分の選択」から来ている。
要は、すべて自分の責任であり、原因も自分にある。
他人・外のせいにしている以上、何も変わらない。

一見、すべて自分の責任というと、とても負担に見えますが、
逆を言えば、自分次第でどうにでも現実を変えられるということ。

自分がどういう経験をしたいのか、
何を大事にしたいのか、
そこを明確にしておけば、大きく選択を間違えることはない。
周り道をすることはあっても、最終的には自分の意図したところへ辿り着けると思っています。

私は、「どう在りたいか」そこさえブレなければ、大きく自分の意図からズレることはない。
何をするかの前に、どう在るか。

なかなか自分の本心、本当に望むことは出てきません。
今までの経験や、擦りこまれた社会通念・思い込みがたくさん積もっていて、それを取り除いてあげて、初めて少し見えてくる気がします。

取り除くことは、キリがないですが、日々少しづつ取り除いていきたい。
そうすることで、自分が最も幸せな状態に近づける。

もう、みんな幸せになろう!

更新のお知らせを受け取ることができます