孤立することも、大事

このブログも立ち上げた当初は、毎日記事を書こうとコツコツやっていました。

が、やはりある程度続けると、”そろそろペースを崩してみようかな?”となり、
そこから”気が向いたら書く”というスタンスになっていました。

最近は、毎日書こうとかいうルールは決めていないのですが、
自分の感じていることや思っていることを”素直に吐き出せる場所”として、
私にとっては癒しの場になってきました。

もともと自分のWebサイトを作るなら、
“自分のお気に入りの場所にしたい”
という想いもあって、ネット上の自分の”家”のようなもの。

SNSやamebloも近い存在かもしれませんが、
家で言うところの”マンション”とか”シェアハウス”的な感覚があって、
そのプラットフォームの独特の世界観があります。

それがワタシはイヤだったのですよね。

自分だけの空間がほしかった

なので、自分でサイトを立ち上げた。
家で言うところの”一軒家”という感じ。

そこにどんどん自分の気持ちを詰めた記事を書いていくことで、
どんどん自分だけのお気に入りスペース、空間になっていく感覚がある。

これは、あえて他人と共有しない、孤立することで可能になるスペース。

この感覚は、”リアル”でも同じなのかもしれない。
自分だけのスペース、空間を作りたいと思うなら、

あえて孤立する

という選択をする。

孤立というと、ネガティブな印象を持たれがちですが、
私はもともと人と群れるのが苦手なので、組織にいても大体一匹狼になります。
そして、それを寂しいとも思わない。
これは子供の頃からそうです。一人遊びが大好きな子です。

孤立していると”周りとコミュニケーションとらないとダメ”だとか
“協調性を大事にしなさい”、”みんなと一緒にやりなさい”とか言われてきましたよね。

でも、孤立することにも意味があったり、陽の面もあるのです。

だから、人と群れる必要もないし、孤立したければ孤立すればいい。
反対に孤立することが苦痛だという人もいるのだから。

と今は思えるようになりました(笑)
昔は、みんなと一緒にできないことで自分を本当に責めていたなぁ。
そんなこと責める必要ないんですよ。

孤立するのが好きな人は、自分の独特の世界観を持っている人が多いと思います。
だから、その世界観を大事に表に出していくことで、自分らしさがより発揮される気がします。


LINEで無料セッションを行っています。
普段の何気ないこと、感じたことを気が向いたときに、いつでも送ってください。
あなたと繋がれることを楽しみにしています。
LINE友だち追加