循環させ、バランスを取る

ここ数日、気温も下がり、お天気もすっきりしませんね。
気圧と気温の変化に弱いという方には少しツライですね。

何か症状が出ているわけではないけど、
カラダの調子が今いちだったり、気持ちがスッキリしないという時、
私はあえて「どこかを動かす」ということをします。

これは、何か根拠があってというわけではないのですが、
少し調子が悪くて、風邪ひきそうだな…とか感じるときこそ、あえて走ったりしています(笑)
もちろん、熱がすでにある状態のときはもう休むのが一番です。
そうすると、汗を出せるからか、次の日にはスッキリ調子がよくなるんです。
動くことで気持ちにも少し変化があるんでしょうね。

なぜそうなのかは、わからないのですが、
カラダも気も「停滞させる、溜め込む」というのはよくないのかな…と感じています。

人間の体内のほとんどは水です。
水ってずっと放置しておくと腐りますよね。

体内で腐るということはないと思いますが、
やはり循環させずにずっとあるよりは、ある程度循環させてあげる。
これが大事な感じがしています。

これはカラダだけでなく、「気」も「物」も同じだと思います。

なので、「気分転換」はとても大事だと思うし、物もある程度使ったら新しいものへというサイクルを取り入れる。
そうすると、流れが出来ます。

なんだか、カラダや気持ちがスッキリしないというときは、ウォーキングでもいいし、ストレッチでもいいので軽くカラダを使ってみる。
気分転換に買い物へ行ってみる。
など、少し動き・変化を入れてみると、スッキリするかもしれません。

特に、共感力の強い方は、「溜め込まない」というのは意識したほうがいいです。
無意識に目に見えない気などを受取っているので、自分でも気がつかないうちに不要なものを溜め込みます。
それを「流す、出す」ということが大事なんです。

あと、少し話がそれますが、お水をしっかり摂ることも私はおススメです。
1日2リットル飲むようにしています。これはよく聞く話ですよね。
この方法は、好き嫌いもあるし、量も人それぞれでいいと思いますが、私はしっかりお水を摂って、出すという循環が心地よいです。

お水も最近炭酸水メーカーを購入したので、気分転換には炭酸水を飲んだりして、うまく摂るようにしています。
野菜も水分が多く摂れるので、いいですよね。

「溜め込まない、循環させる」こんなことを色々なところで意識してみるのもいいと思います。

更新のお知らせを受け取ることができます